綿久リネン株式会社
ホーム > 会社情報 > 沿革
沿革
昭和48年1月
ワタキューグループの母体であるワタキューセイモア株式会社のホテルリネンサプライ部門として独立。
全国のホテル、旅館、レストラン等への本格的事業開始。
昭和50年10月
九州地区営業拡張のため福岡営業所設置。
昭和52~54年
北海道、東北、九州地区サービス体制確立のため、工場拡張と新鋭機械を導入。
昭和54年6月
中国地区営業拡張のため岩国工場を設置。
昭和55~56年
関東、近畿、九州地区サービス体制確立と省力化・自動化のため新鋭機械導入。
昭和61年9月
四国地区営業拡張のため高知工場を設置。
昭和63年4月
四国地区営業拡張のため松山工場を設置。
平成3年12月
北海道地区営業拡張のため小樽工場を設置。
平成4年8月
九州地区営業拡張のため南九州営業所・南九州工場を設置。
平成7年7月
     9月
近畿地区営業拡張のため城陽工場を設置。(7月)
関東地区営業拡張のため越谷に東京工場を設置。(9月)
平成9年7月
     7月
     12月
四国地区営業拡張のため松山市に四国支店を設置。(7月)
九州地区営業拡張のため大分工場を設置。(7月)
九州地区営業拡張のため唐津工場を設置。(12月)
平成11年12月
九州地区営業拡張のため霧島工場を設置。
平成12年2月
北陸地区営業拡張のため北陸営業所を設置。
平成13年7月
     12月
中国支店と四国支店を合併し、中四国支店とする。(7月)
関東地区営業拡張のため松戸工場を設置。(12月)
平成14年6月
     7月
     7月
関東地区を松戸工場へ集約。(6月)
四国地区営業拡張のため松山市に四国支店を設置。(7月)
中国地区営業拡張のため(株)トユキを吸収、中国支店とする。(7月)
平成17年9月
四国支店を西条市へ移転。四国工場を設置。(9月)
平成19年5月
     7月
松山工場を四国工場へ移管。(5月)
関東地区営業拡張のため松戸工場に生産ラインを増設。(7月)
平成21年3月
近畿地区営業拡張のため兵庫営業所・兵庫工場を設置。
平成22年10月
九州地区営業拡張のため北九州営業所・北九州工場を設置。
平成24年12月
名古屋地区営業拡張のため愛知工場を設置。
平成25年2月
九州地区営業拡張のため熊本営業所・御船工場を設置。
平成26年5月
     7月
北海道地区営業拡張のため旭川工場を設置。(5月)
九州地区営業拡張のため姶良工場を設置。(7月)
平成28年4月
     5月
     11月
名古屋地区営業拡張のため名古屋工場を設置。(4月)
関東地区営業拡張のため佐倉工場を設置。(5月)
東北地区営業拡張のため奥州出張所を設置。(11月)
平成29年1月
     1月
     1月
     5月
     8月
東北地区営業拡張のため奥州工場を設置。(1月)
名古屋支店を瀬戸市へ移転。(1月)
営業拡張のため、東洋紡リビングサービス(株)の株式を100%取得し、東洋リビングサービス(株)とする。(1月)
中部地区営業拡張のため北陸リネックス(株)のホテルリネンサプライ部門の営業権を吸収、金沢営業所・安原工場を設置。(5月)
九州地区営業拡張のため北九州工場を増設し、新鋭機械を導入。(8月)
このページのトップへ
グループ会社
WATAKYU SEIMOA
日清医療食品株式会社
株式会社フロンティア
メディカル・プラネット
古久根建設株式会社
綿久リネン株式会社
Copyright(C) WATAKYU LINEN Co.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.